FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンネタバレ含む感想とか考察とか

ポケモンのクリアは私にとっては36万…いや14000年前だったか…とにかく以前の出来事だが、みなさんにとっては明日の出来事かもしれません。

なんでエルシャダイネタこんな流行ってるんです?確かにルシフェルverのトレーラーの破壊力ははかり知れませんが。
最初にトレーラー見たのいつだか思い出せない…まあいい。
はこまるかPS3持ってたら買いかねないです。

ポケモン、今からすでにマイナーチェンジ版の三色めが楽しみで仕方ありません。
今回のBWはストーリーがものすごくRPGRPGしていて、今までのポケモンとはちょっと雰囲気が違いました。

そんなわけで、クリアして一週間くらい経ったので、真面目に考察してみました。
大量にネタバレを含んでいますので、ポケモンのクリアが明日の出来事だという方は、ご注意ください。
クリア時メンバー( )内はニックネーム
エンブオー(ヒューゴ)/ヤナッキー(ナーヤ)/ガマゲロゲ(エボシ)/オーベム(クラリーネ)/コマタナ(シズハ)/ゼクロム(リュウゴ)⇔ヴァニラ(バニリッチ)

ヴが使えるようになったので調子に乗りました。それにしてもゼクロムのニックネームひどいですね。その上3匹目の伝説が氷・竜だったのでシロウにしました。これはひどい。
レシラムがもし手に入ったらシュウヤですね。これはひどい。
コマタナとバニリッチが進化していないあたり、低レベルクリアだったかもしれません。
ゲーチスのサザンドラに6タテされかけたけどチームの守護神ガマゲロゲが大活躍してくれました。オタマロに一目ぼれして育て続けて良かったです。最終進化で正直…うっこれは…となってリストラ危機だったんですが…
Nは楽勝でした。ごめんねN。

今回は、冒険と成長っていうテーマを全面に押し出してて、子供は感銘を受け、大人もワクワクできるようなお話になっていたと思います。
幼馴染のチェレンとベルが全然違う方向を目指したり、なにをやりたいか必死に考えたりするさまはぐっときました。そんでもってそれがきっと今回のテーマですよね。違う考えだったり違う道目指す人たちと出会ってわかり合って、みたいな。Nとか思いっきりそうですし…
強さばっかり求めてポケモンと一緒にいることの本質が見えなくなってるっていう点では、チェレンが歴代のライバルの流れを踏襲してるんじゃないかと思います。主人公の苦手タイプの御三家を持ってるのもチェレンですしね。まあ、チェレン可愛い。
ベルは可愛いので妹にするか結婚するかしたいです。

まーでもとにかくBWはひたすらNの話でしたね。
御三家を持ってないからライバルポジションではないのかと思っていましたが、ふたを開けたらグリーン以来の展開でびっくりしました。
ラストの3連戦は熱すぎて、その上EDは切なすぎて、どうにかなるかと思いました。
というかまだEDの展開やNの過去や設定を消化しきれていなくてもやもやしているからこんな記事を書いてしまっているのですけど。
というか…N好きすぎて変になってると…はい、そうです…

ゲームの主役はプレイヤーですけど、物語の主役はNじゃないかと思います。
主人公のデフォルトネームは「トウヤ」あるいは「トウコ」でして(名前入力画面では出ませんが、バトルサブウェイでマルチバトルするとわかります)、多分「透明」から来てるんじゃないか、つまり白にも黒にも染まってないということを示しているんじゃないかと思います。
でもって、これは推測ですが、「N」は「Neutral」のNなんじゃないでしょうか。こっちは「中立」とか「偏りがない」という意味です。物語の示す意味としては主人公と同じかなと。
それから、歴代のキャラクターを見ると、今までの主人公は必ず帽子(あるいはバンダナ)をしてました。しかもNのかぶってるキャップはレッドさんの色違い…に見えます。
でもって、今までのポケモンは初代の赤緑青ピカチュウをのぞいて、基本的に、「主人公が、タイトルと対応する伝説ポケモン」をゲットしてました。
ですが今回は、ブラックでレシラム、ホワイトでゼクロムと色の対応が逆になっていて、手に入らないほうの伝説はNの手持ちに入ってしまいます。
つまりブラックで黒いポケモン、ホワイトで白いポケモンをゲットするのはNであるわけで、このあたりは、物語の主役は本当はNであることを暗示しているのではないか?と思ったのです。

クリア後に、ブラックシティまたはホワイトフォレストを北に出てすぐのところにいる七賢人のなんとかさん(名前覚えきれないです…)が、「誰もが英雄になれる」と言っていました。
やっぱり、「選ばれた主役」はNであり、Nのライバルが主人公になったのは偶然であるということなのでしょう。
つまり主人公が選ばれたのが偶然であるということは、誰もがその可能性を持ち得たということなんじゃないかと。
DPtの主人公とライバルのジュンが、とんでもないエリートトレーナーの家系だったのに対して、BWの主人公の家はふつうのおうちっぽいですよね。
主人公が「たまたま英雄になってしまった」ということに加えて、切ない展開など、今回のストーリーラインはちょっとMOTHERっぽいかなと思いました。
誰でもヒーローになれるという作りは、子供向けのゲームとしてすごく夢があっていいと思います。
まあ私のプレイスタイルは大人げない大人と言わざるをえませんが!!

とまあ、真面目に語ってみたりしましたが、私もう…Nのことが好きで好きでたまらなくてそんなことで大丈夫か?という状態であります…大丈夫だ、問題ない。

ジムリーダーはアイリスとフウロさんとヤーコンさんが特に好きです。アイリス可愛すぎて…私はロリコンではありません!!

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。