ツクール話の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/30までに完成できるかな

輝夜と戦ってる場合じゃないですね。一日1時間くらいしか製作時間取れないけど、今からでもランタイムパーティー間に合うかなあ。
頑張って作った方がいいか迷ってます。FOREVERも作りたいんです。悩ましい。
まだセリフすら書いてないんだ。そして、ダンジョンも町もまったく作ってないんだ。間にあう気がしない…

でも少し粘ってみようかな。ダメだったら普通に公開でもします。多忙が妬ましい。
スポンサーサイト

もう絶対間に合わないんだぜ

ランタイムパーティー!に出したかった作品が5%もでき上がってないので無理なんだぜ。多忙が悲しいです。応援だけします。

どんな作品を作ろうとしたか↓
tir_090516.jpg
タイトルの画像は「deFinir」様よりお借りしてます。

壮大なタイトル画ですが、中身はちっとも壮大じゃありません。ただのおつかいゲーです。

あらすじ
 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

 『おれは魔王を倒したと思ったら
 いつの間にか別の魔王が現れていた
 そして、メラゾーマだと思ったらメラだった』

 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
 おれも何をされたのかわからなかった

 頭がどうにかなりそうだった…

 超スピードだとか催眠術だとか
 そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

 もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

導入部はこんな感じです。
まあ、魔王を倒した直後に勇者が異世界に飛ばされて、飛ばされた先がその世界の魔王城で、結果魔王の奥さんの魔法で一撃で倒されてしまったわけです。その勇者が主人公です。
いろいろあって勇者は魔王の娘と一緒に人間の町におつかいにいき、いろいろあってそこで事件に巻き込まれます。それだけです。
テーマは「ドラゴンクエスト4」でした。パーティは4人になりますが、勇者以外はコマンド入力できない予定でした。最初は誰も勇者を信用していないので、一人で戦おうとするのですが、だんだんとAIが勇者の行動(=プレイヤーの行動)を当てにした動きをするようにしようと思っていました。で、ラストバトルだけは全員のコマンドをプレイヤーが入力できるようになるという仕組みにするつもりでしたが、雲散霧消もいいところです。

ふぉえば制作が行き詰った時の息抜きに、別に短編を作っていたりもするのですが、3作を並行処理するのは無理でした。残念です。ちなみに、この「別の短編」は、ふぉえばが行き詰った時しか製作しないので、数か月放置しています。

やったね!

みなさんもうご存知だとは思いますが、Magic☆TreasureがXP VALUE!に収録されます。
つまり私が数年前に書いた絵も収録されてしまうということです。嬉しいんだけど複雑です(笑)

VALUE、私は多分買う予定です。XPを旧PCに再インストしなおしたらアクティベーションがなされなくて超不安だからです…
あと新PCはVistaにしちゃう予定です。ぐすん。

とりさんのツクールバトンに答えてみました

この機能を使うのがはじめてだから上手くできるかわからないです。
製作者向けのバトンって今までなかったかも。
追記に畳んであります。
[ 続きを読む » ]

アクションゲームツクール

この話題に触れるのを忘れていました。

とりあえずゼルダの伝説神々のトライフォースを作ることができるということは把握しました。
だけどそれを実行に移すつもりはありません。理由はたくさんありますが、アクションパズルゲームを作るのはきっとものすごく大変だろうというのが最初にあがります。私はRPGツクールでたくさんの謎解き要素を作っているほうだと思うんですが、毎回地獄のように大変です…デバッグが。

最近紅茶かコーヒーを飲むとものすごく癒される自分に気がつきました。
コーヒーはサイフォンで淹れてるんですが、いい香りが漂ってくると自然と笑みがこぼれます。
私の家族は紅茶をあまり飲んでくれない(私と父しか飲まない)ので、コーヒーのほうが需要があるんです。
そんな父にいろんな紅茶を飲ませてみたんですが、父はニルギリが一番好きだそうです。しかもミルクティーとかバリエーションティーとかにしないストレートのニルギリが好きらしい。私はウバが好きです。

毎日の行動範囲の中にルピシアの店舗があるためついその足で買いに行っちゃうんですけど、通販のほうがいろいろとおいしいことがあるらしいので今度は通販を使おうかなと思います。今度はフレーバーティーを買いたいです。

ツクールじゃなくて紅茶の話じゃないか…

【近況】
・来週で魔王が終わりだということがショックでしょうがありません。
・コードギアスの展開がやっと一期を思い出してくれたようで嬉しかった。「な、なんだってそう来るのか!」という驚きが懐かしく感じました。最近だってほら、「…え?」という展開の方が圧倒的に多かったじゃないですか…
・反対にマクロスFは涙目です。北海道の放送はまだですが漏れ聞こえてくるネタバレだともう…いいんだ、最初からハムの人や神谷浩史の声を聞くために見てたんだから…
・ツンデレについてまじめに考えていたら、「これは理想のツンデレじゃないの?」と友人から例を提示されました。
・買って数ヶ月のイヤホンが壊れて余計な出費を強要されました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。